youtube facebook google rss search twitter chevron-top chevront-left chevron instagram line hatena

Freee

年末調整のやり方は? 確定申告は必要or不要? 「副業・複業を始めた人・始めたい人」が知っておきたい税金のルール

今年から副業を始めた人や今後副業を考えている人にとって、気になることの1つが「年末調整」や「確定申告」ではないでしょうか。会社以外から副収入を得れば、その分の申告をしなくてはいけないことはわかっているけれど、それが年末調整にどのように関わってきて、確定申告にはどのような手続きが必要なのでしょうか? 

年末調整と確定申告について知っておきたい基礎知識をSwitch税理士法人代表の水村耕史さんにうかがいました。

年末調整は「簡易版の確定申告」

給与受給者であれば、年末が近づいてくると会社の経理担当者などから「年末調整」に必要な資料の提出を求められます。大抵は会社に任せっぱなしで、そもそも年末調整の位置付けを知らない人も多いのではないでしょうか。

  • 水村さん

    水村さん

    1円でも所得がある人は確定申告をする必要があり、それによって年税額が決定します。しかし、1つの会社からのみ給与をもらっている人は、自分で確定申告をすることなく、会社で行なう年末調整をその代わりにすることができます。会社がその人の年収を把握できているからです。

    ですから、1年間の給与が確定するタイミングで、会社が所得税額を計算し、生命保険控除や住宅ローン控除などを適用したうえで、追加徴収や還付の調整を行なうのです。ただし、医療費控除など確定申告でしか控除できない項目もあるので、年末調整は『簡易版の確定申告』と捉えていただければいいと思います

年末調整が利用できるのは、あくまで1社から給与をもらっている場合のみ。つまり、副業をしていて別の収入源がある場合、確定申告が必要ということになります。では、副業を始めたら、年末調整と確定申告の両方が必須ということなのでしょうか?

POINT

  • 確定申告は所得がある人すべての義務。
  • 1社からの給与受給者は、会社の年末調整で確定申告を済ませられる。

副業所得や副業形態で申告方法は異なる

実は、副業所得(収入から経費などを引いた金額)や副業形態によって、年末調整や確定申告のやり方は変わってきます。大きく分けると以下の2つ。自分がどちらのケースなのかを把握しましょう。

年末調整のみで、確定申告が必要ないケース

1社のみからの給与で年末調整をしている場合、雑所得が20万円以下の人は、確定申告をする必要はありません。例えば、友人に頼まれて10万円の仕事を1回受けても、所得税はかかりません。

年末調整と確定申告が必要なケース

  1. 1社のみからの給与で年末調整をしている場合、雑所得が20万円を超えてしまったら、副収入分は自分で確定申告をしなくてはいけません。
  2. 2社以上から給与をもらっている場合、副収入分は金額にかかわらず確定申告をしなくてはいけません。年末調整は、給与額が大きい会社で行なうのが一般的です。
  3. ほかの理由(年末調整では対象外の医療費控除など)で確定申告する場合、20万円以下の雑所得であっても申告の必要があります。

2社から給与をもらっている、つまり副業も給与所得の場合、それぞれの会社で年末調整をすればいいと思っている人もいるかもしれませんが、前述したように、それは間違った認識です。

  • 水村さん

    水村さん

    2ヵ所の会社に勤務している場合、本業の会社で年末調整を行ない、副業の会社では年末調整をせずに、自分で確定申告をするのが正しいやり方です。年末調整は1社のみでしか行なうことができない決まりがあるからですが、多少面倒なことが起こることもあります。例えば、A社から年間300万円、B社から年間18万円の給与をもらっているとします。この場合、A社で年末調整をしたうえで、B社の給与を合算して自分で確定申告をし直すことになります。A社の年末調整で還付があっても、確定申告の結果、追加で納税をするというケースが起こりうることを認識しておきましょう

確定申告書の作り方と提出方法

副業はしたいけれど確定申告は難しそうと迷っている人も多いはず。しかし、水村さん曰く「白色申告で雑所得であれば、事前申請も日々帳簿をつける必要もないため、大して難しくも面倒でもありません」とのこと。

  • 水村さん

    水村さん

    副収入の金額が低ければ、最初は手続きの簡単な白色申告・確定申告書Aでいいと思います。確定申告書の『雑所得』の欄に収入額を記入し、収入金額を証明する資料(請求書や振込記録など)と、年末調整後に会社から配布される源泉徴収票を添付するだけです。

    副業の収入がある程度の金額になったら、青色申告の事業所得にすることをオススメします。帳簿づけが面倒だったり、提出するべき資料が増えたりしますが、65万円の特別控除や純損失の繰越控除が受けられるなど、メリットが出てきます

ちなみに、白色申告は事前の手続きは必要ありませんが、青色申告にしたい場合はその年の3月15日までに、税務署に『所得税の青色申告承認申請書』と『個人事業の開業・廃業等届出書』を提出する必要があります。3月15日を過ぎてしまったら、その年の確定申告は白色でしかできないので注意しましょう。

手軽に最低限の確定申告をする場合は、以下の3点を準備します。確定申告書は国税庁のサイトからダウンロードが可能です。

確定申告に必要なもの

  • 確定申告書A
  • 副収入額が証明できる資料
  • 本業の会社の源泉徴収票

申告書が揃ったら、税務署に提出します。提出方法には以下の3つの方法があります。

確定申告の方法

  1. 納税地の税務署に直接持参(3月15日の税務署営業時間内、もしくは翌日の税務署の営業時間開始前までであれば税務署の夜間ポストに投函可能)
  2. 納税地の税務署に郵送(3月15日の消印有効)
  3. e-Tax=インターネット(事前に納税地の税務署に「電子申告・納税等開始(変更等)届出書」の提出が必要)

副業がバレないために気を付けること

さて、年末調整と確定申告の関係は理解できたけれど、これらの手続きによって会社に副業がバレないかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで副業がバレないためのポイントと、バレる可能性の高い副業形態を紹介します。

  • 水村さん

    水村さん

    確定申告によって副業がバレる最大の原因は、住民税の特別徴収(給与からの天引き)にあります。年末調整や確定申告によって確定した所得税額は、自動的に居住地区に転送されるしくみになっています。それを元に住民税が確定し、会社は居住地区から送られてきた住民税の額に従って特別徴収します。会社が把握しているのは給与をベースにした金額ですが、副収入の確定申告で再計算されれば、当然住民税は増えます。その差額で副業がバレてしまうのです

そこで重要になってくるのが、住民税の徴収方法の選択だといいます。「給与から差引き」か「自分で納付」を選ぶことができるので、確定申告書に書かれている「自分で納付」に必ずチェックを入れましょう。そうすれば、年末調整分の住民税は会社から天引きされ、確定申告分の住民税の振込用紙は自宅に送付され、自分で支払うことができます。

気を付けたいのは「自分で納付」を選べないケースもあるということ。副業が給与所得の場合、本業が特別徴収になっていたら、副業も特別徴収になってしまい、副業分の住民税も合算された金額が本業の会社に送付されてしまいます。バレないためには、給与所得ではない副業を選ぶこともポイントの1つといえるでしょう。

POINT

  • 副業分の住民税は「自分で納付」する。
  • 副業が給与所得の場合、住民税は「自分で納付」できないケースがある。
  • バレないためには、給与所得ではない副業を選ぶ。

損しないために押さえておきたいポイント

最後に、知っておくことで節税対策になる、税金で損をしないためのポイントを紹介します。

  • 水村さん

    水村さん

    年末調整では控除対象にならないのが、『医療費控除』や『寄付金控除』(ふるさと納税など)などです。医療費控除は10万円以上という条件がありますが、扶養家族がいれば全員分を組み込むことができます。そんなに使っていないと思っていても、例えば保険対象外のレーシックや歯科治療なども適用される場合があるので、チェックしてみることをオススメします。

    最近は『ふるさと納税』をしている人も多いと思いますが、これは自分で確定申告をしなければ控除されません。1社のみからの給与所得者であれば『ふるさと納税ワンストップ特例』の申請によって年末調整で手続きをすることができますが、確定申告をしている人はこの制度が使えないので、忘れずに確定申告をしてください。

    人によって受けられる控除は違いますが、知らないと損することは結構あります。収入が高ければ高いほど、知っていることで税金を安く抑えることができるので、ぜひ活用してみてください

あなたも本来受けられる控除を知らず、損をしているかもしれません。副業を機に、会社に任せっきりだった確定申告(年末調整)を見直してみてはいかがでしょうか。

(取材・文:塚本佳子 編集:阿部綾奈/ノオト)

  • 水村耕史さん

    取材協力者:水村耕史さん

    Switch税理士法人代表。中学生から競馬騎手を目指すも挫折し、税理士の道へ方向転換。BIG4税理士法人やアクタス税理士法人を経て、2014年に独立。2016年10月にSwitch税理士法人を設立。現在Switch税理士法人の代表社員のほか、ITベンチャー企業、studioNASの代表取締役兼CEOを兼務。

  • ライター:塚本佳子

    ジャンルを問わず、幅広い分野で執筆活動を行なっている。週末のみ自宅ショップ「Fika」店主。『著書は『小さくてかわいい家づくり』(新潮社)、『Fika』(Pヴァイン)などがある。

Ranking